スワップでポン♪FXやってみるかね。
外国為替証拠金取引をスワップ中心に攻めている管理人が赤裸々に取引履歴をアップします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のりピー、映画公開できないために訴えられる
ま、訴えられてもしかたがないですよね。

覚せい剤取締法違反で有罪が確定した元女優でタレントの酒井法子さんと
所属事務所だったサンミュージックプロダクションが、
訴えられたといいます。

酒井法子さん 映画製作委が提訴 「覚せい剤事件で損害」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100615-00000023-maip-soci

日常生活の話題と疑問では、まだまだのりピーについて不明なことがあるそうです。

内容は覚せい剤使用の罪で刑が確定した酒井さんが、
事件発覚前に声優として出演していたアニメ映画
「大ちゃん」を事件の影響で中止を余儀なくされたとして
製作員会(東京都東村山市)が2147万円の損害賠償を
求めているという事です。

せっかくの名作が声優の犯した罪で上映できなくなるというのは、
制作者側から言うと寝耳に水な話で、
提訴する気持ちも十分に理解できます。

酒井さん側は争う姿勢だといいますが、
誰が一番損害を被ったのかを考えれば取るべき道は
見えてくると思うのですが・・・。

それにしても有名人が罪を犯した場合の代償の大きさや
影響力って馬鹿に出来ないと改めて感じました。
小さい子友達にとっては“どんな人が声優をしているのか”
なんて考えないでしょうけど、
罪に対しては責任もって対処するべきだと私は思いました。

去年の8月からFXでサラリーマン脱出計画しています。



このアニメ映画は障害者の子どもがいる家族を描いた
教育的アニメだそうで、酒井さんは母親役として声優を務めてきたそうです。
多くの公共施設や小中学校で上映されてきた作品なのですが、
09年8月に酒井さんが覚せい剤所持容疑で逮捕されると、
上映の中止に追い込まれてしまいました。

平和に解決するといいですね。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。